ジュエリー学校 七宝

フィレンツェの七宝講座〜2016年3月 

2016年3月17日(木)

フィレンツェのジュエリー学校にて 七宝講座、今週で終了〜! fuji
Le Arti Orafe Jewellery School 彫金科の 2年生 のための授業。
今回の講座は 1ヶ月間。 1クラス につき 1日4時間  X  週2回。
計 2クラスを担当したので、平日ほぼ毎日の出勤でした〜

流行っている風邪と戦いながら 授業の準備に追われる 体力的にハードな1ヶ月!
でも、完成品を見て喜ぶ生徒の姿に 大きな喜びを感じる ワクワクな時でした!
生徒の自由な発想に山ほど刺激パワーを受けた貴重な時 に 心より感謝〜! shine
Lao_fbpage_fb_rr
授業の様子の写真数枚、学校のフェイスブック・ページ に掲載されてます。
( 2月24日 と 3月4日 に  記事掲載中 )
尚、先方のプライバシー設定のため、Facebookに サインイン時 のみ 閲覧可能〜
( ログイン無しの場合、「 リンク先が見つかりません 」 と表示されてしまう sweat02
お手数ですが、FBで閲覧可能な方は ぜひ ご覧くださいませ shine
近日中に 他の写真も追加掲載される予定〜とのコトです!happy01

さて、来週から ダッシュで 制作&日本出発の準備です〜!!cherryblossom
今日も 皆さまに 心より感謝〜!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジュエリー学校 : You Tube 動画

2013年7月12日(金)

フィレンツェのジュエリー学校・彫金科、
下記 You Tube 動画で 授業の様子 ご覧下さいー。

Le Arti Orafe Jewellery School ( レ・アルティ・オラフェ
私も七宝講師してる学校ですー ^.^ 

Jewellery Making Workshop  at Le Arti Orafe Jewellery School

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経WOMAN 掲載いただきました

2012年04月01日(日)

下記のWebに 私の活動について記事掲載していただきました。
日経ウーマン・オンライン 萩野絵美さんのキャリアブログ」。
七宝の仕事&活動、そして フィレンツェ・イタリアの工芸について、
などなど サイトにて御紹介いただいてます。

題名「フィレンツェ七宝工芸家 茅野佐知子さん」。3月21日のブログです。
皆さま ぜひぜひ ご覧下さいませ~shine

日経Woman Online は、働く女性を応援する情報誌「日経ウーマン」のWeb版。
こちらのWebブログの記事を執筆されている萩野絵美さんは 東京在住。
海外コーディネーター&リサーチャーとして ご活躍の才女です!
ラジオ番組の仕事、海外に関する企画、取材・執筆・翻訳、
そして ご自身の会社 Handsome Worldwide も設立し 大活躍。

そのような方に お目にかけていただき、とっても光栄であります!
春の陽気でユルんできたネジを引き締め直して、私も前進しなくっちゃ!punch

心より感謝を込めてshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七宝の授業 と 春の訪れ

2012年03月07日(水)

ブログ更新 ご無沙汰してます!
イタリアは ようやく寒波が通り過ぎ、待ちに待った春~の足音がsun
今年の冬は、ホントウに寒かった~!
こんな時に限って 我が家の暖房が使用できなくなっちゃって。。!!
そのサバイバルの様子、また近いうちに御報告しますネ。

さてさて、2月に続き 今月も七宝講師の仕事が毎週入っております。
ジュエリー学校の2年生の授業 と 一般の特別コース、の2クラス。
特別コース参加者の中には プロの彫金家もいるので、私もワクワクです!
こうして七宝の魅力を伝える機会に恵まれ、心から感謝。

あ~っ。。それにしても。。
極寒の冬から 急に春になって。。身体が まだギシギシ鳴ってます~!
授業はイタリア語&英語。 身体と脳を4時間フル稼働~。
エネルギーを けっこう使うのだ。 ちょっと最近、歳!?を感じますヨgood
昨日から また気温が下がったので 体調管理に気をつけなくちゃ。

Michelangelo_binocolo

写真: ミケランジェロ広場を眺める 望遠鏡~

授業の後の楽しみは、ミケランジェロ広場でのエネルギー充電。
私の お気に入り パワースポット。
丘の上からフィレンツェの街並みを眺めてると、心が軽くなるヨ。

今日も 一日 ありがとう!
生きているコトに 心から感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年の七宝講座 終了

2011年12月10日(土)

先週まで続いてた七宝講座の仕事、楽しく終了しました~!
ジュエリー学校は もうすぐクリスマス休暇に入るので、ホット一息。

通常、カリキュラム授業は 学校の2年生&3年生を対象にしてる。
2年間イタリアに住んでる生徒は 語学が理解できるので、
今まではイタリア語で教えてたのだケド。。

最近 学校の編入制度を利用して留学してくる生徒が増えてきて。。
(海外のジュエリー学校で学んだ続きを 当校で習得する~仕組み。)
だから、生徒の中には 来たばかりでイタリア語が解らない~人も!
というコトで、今回は 突如 イタリア語と英語で授業を進めるハメに~!

七宝の授業って、制作工程の他にも 化学的な説明が不可欠~。
ガラスと金属の膨張率、釉薬&金属の特質、など。 母国語でもタイヘン。

イタリアに来てから、語学上達のために なるべく英語の使用を避けてきた私。。
言葉って不思議なモノで、使っていないと ごく簡単な言葉が出てこない~!
逆に 難しい単語は 口からスラスラ出てくるけど。。! なぜ?

初日の授業で格闘した英語。。2年間アメリカに住んでたのに。。ウッ。。
ガビーンと落ち込んだけど、翌日からは 驚くほどペラペラに変身!
本当に 言葉 そして 脳の働き~ って不思議ですヨネ!

さて、この授業の続きは 来年2月&3月。
それまでに もうチョット脳を刺激しておこう~と思ってます happy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュエリー学校 展覧会

2011年06月26日(日)

昨日、ジュエリー学校 の展覧会に行ってきました。
Le Arti Orafe ジュエリー学校は、私が七宝講師をしている学校~。
この学期末の展覧会は、毎年 この時期に開催されるョ。

Mostra_lao_2011_1

写真: 会場入り口~。

会場は、修道院の中庭。 
夏の夜風が心地良くて、来場者も、すっかり リラックス~。
ジュエリーを鑑賞しながら 知人と話したり 飲んだり、楽しい夜でした!

Mostra_lao_2011_2

写真: 会場 Chiostro delle Leopoldine,  Piazza Tasso 。 
        (元)修道院の中庭。

学生の作品って、ホントウに発想が自由で豊か!
七宝 と 現代的なジュエリーやコスチューム を組み合わせた作品~も有って、
私も とっても刺激をいただきましたョ!
 
生徒の作品・学校の様子は、Le Arti Orafe 公式サイト ご覧下さいませ~。
Grazie!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七宝講座 終了!

2011年5月27日(金)

今週で 七宝の講座~仕事が一時終了~。 
今年は 2月から連続だったから、これでホット一息!

学校の生徒のグループ授業は、週2回X4週間だったケド、他にも
個人授業が連続で入ってたので 毎週ジュエリー学校に通ってました。

今回の個人授業の生徒達も とっても興味深~いメンバーだったョ!
それぞれの分野で活躍するプロ達。 私も 大いに刺激を頂戴しました。

ローマから通ってた女の子:
樹脂エナメル」の制作工房から派遣されて受講した職人さん。
多数の有名ブランドの仕事をする彼女の工房。
本格的な「七宝」を習得し、仕事の幅を広げたい!という目的で参加~。

ミラノの南方の都市 ピアチェンツァから通って来た3人組:
打ち出し」技法を使ったジュエリーを制作してる工房の オーナー&職人達。
作品に七宝を組み合わせ、他社よりもオリジナリティーを出したい!~との目的。
受講後、すぐに電気炉を購入して制作開始 5月の宝飾展に出品した彼ら。 
彼らの打ち出しジュエリーの繊細な技法&創作熱意、私も大刺激を受けました!

そして、フィレンツェの 「ミニアチュール絵画」の工房店舗の職人さん:
ペンダントの枠の中に 水彩画で細密画を描く仕事をしてる彼女。
水彩の代わりに七宝釉薬で絵画制作をして、仕事の幅を広げたい~との目的。
美術館の展示作品などを本物そっくりに しかも 小さな土台の上に描く彼女。
巧みの技! 受講後、七宝の電気炉を購入予定~とのコト。将来が楽しみ!

受講生の皆さん、いろんな刺激とインスピレーションを与えてくれて ありがとう!
皆さんの熱意に負けないように、私も 作品創り 前進いたします~!
お互い 今後の活動が楽しみですネ!
こうして 七宝の仲間が増えてゆくコトが、とっても ウレシイです! 感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安い!国立美術学校

2009年12月2日(水)

先週末、美術学校を訪問したヨ。
留学生Sちゃんに付き添って行った先は、
L'Istituto Statale d'Arte di Firenze
フィレンツェ国立美術学校~。

知人が教授してるので、学校の案内をしてくれた~。
絵画・彫刻の他にも いろんな学科がある。
ファッション・舞台衣装、写真、グラフィック・広告、インテリア
そして 彫金・ジュエリー学科もあるヨ。

この学校は1869年に創立されたんだって。歴史あるネ~。
フィレンツェの私立のジュエリー学校って けっこう新しい。
ここ20年間のうちに設立した学校が多いんだヨネ。
昔はジュエリー習う学校は限られてた。 だから、
フィレンツェの宝飾界の オジサン マエストロは、ここ出身の人 ホントに多いんだヨ。

奇抜なファッション・デザイナーRoberto Cavalli も、この学校の出身。
彼の学生時代の作品、ぜひ見てみたいヨネ~!!

Istituto_d_arte

写真: 堂々たる学校のロビー。さすが国立ヨネ~。

この美術学校の最大の利点は、学費が安い~!
年間の学費が、美術・ジュエリー私立専門学校1ヶ月分よりも安い!
国立だから もう ただ同然なんだヨネ~。
イイね~!私も行きたかったナ~。

。。でも。。ほとんどの学生は 10代後半。。!
高校卒業後の2年コース、そして高校生のための5年コースも併設。
今さら イタリアの悪ガキ ティーン・エイジャーと毎日過ごすの。。
かなりシンドイ~だろうな。。?!
それさえクリアすれば ホントウに良い学校だと思うけどネ~。
なにしろイタリアの高校生&ティーン って、ホントウに生意気 元気~だからネ。。!
それでもOKの強い意思の皆さん、通学チャレンジしてみては?!
サイト下記です~:

Istituto Statale d'Arte di Firenze
 公式サイト こちら  だヨ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白夜の ジュエリー学校展示会

2009年6月29日(月)

ジュエリー学校の展示会 ご報告~!

フィレンツェのジュエリー学校 レ・アルティ・オラフェLe Arti Orafe
学期末の作品展示会が、6月27日(土)開催された。

Chinon が七宝講師をしている学校だ~!
雨雲を気にしながらも 張り切って出かけたヨ~。

この地区の 白夜祭り と同日に開催された展示会。
たくさんの人が会場を訪れた。

Mostra_lao_disegno

会場は、オルトラルノ地区にある本校の建物。
中庭と特別サロンが 展示会場となった。

さすが、イタリアの コンテンポラリー(現代)ジュエリー学校の代表。
中庭のインスタレーション(美術展示方法)も アイディアに満ちてたヨ。

Mostra_lao_balloon

透明な小箱に入ったジュエリーたち。
灯かりのついた風船に結びつけられ、
風と共に ユラユラと夜空を舞い踊る。。

地面と ジュエリーの箱 そして巨大な風船は、
弾力性のある細いワイヤーで結ばれている。

フワフワと風に揺れる箱を 素早くキャッチし、
箱ごと作品を手にとり 極近くで見ることができる。

Lao_mostra_scatolina_2

手を離すと、スルスル~ッと 風とバネの力で 逃げていってしまう箱!
来場者は、童心に返ったように 箱をキャッチする楽しみに夢中に!

ショーケースに納められた「静」の展示方法もよいが、
動き」のあるジュエリー展示は とっても新鮮だ!

これは、同校のデザイン講師 Mauro Vegliante が手がけたインスタレーション。

建築インテリア・デザイナー でもある Mauro (マウロ)。
国際インテリア見本市 ミラノ・サローネ にも出展。
革新的で創造力あふれる作品を 発信している。

Mostra_lao_sala_2

学校の生徒の国籍は、バラエティーに富む。
イタリア、ヨーロッパ、アメリカ、南米、アラブ諸国。。そして日本!

国籍と同じく、デザインや作品も 多種多様! 個性的で 発想豊か。

会場の中庭で演奏された ジャズJAZZ。
音楽と共に、ゆったり美しい時が過ぎて行った。

白夜祭り。。

薄明かりの白夜 のごとく

明かりの灯った風船 と ジュエリーたちは、

朝まで ユラユラと空に輝き続けたのだ。

 

ジュエリー学校の公式サイト 下記 ご覧下さいませ~:
Le Arti Orafe(レ・アルティ・オラフェ)  http://www.artiorafe.it

ノッテ・ビアンカ(白夜祭り) の関連記事は、
「フィレンツェで心のダイヤモンド磨き」6月27日ブログ
こちら ご覧下さい~

ジュエリー学校七宝講師 の関連記事は、
「フィレンツェで心のダイヤモンド磨き」4月20日ブログ
こちら ご覧下さい~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七宝焼き講師  フィレンツェ・ジュエリー学校の仕事とは?

2009年4月20日(月)

充実した復活祭の休暇も終了~今日から仕事に復帰。
イタリアで 七宝焼き の先生をしている私~。 
場所は、フィレンツェのジュエリー学校 「 レ・アルティ・オラフェ 」。

この学校で講座を担当してから 今年で6年目。。時が経つのは早いネ!

講座は年に数回開催。 1回につき 30~40時間のグループ・レッスン。
もちろん個人レッスンも開催。 期間1日から受講可能だ。 

1クラスの生徒の人数は、10~15人くらい。
彫金の技術は有るけど 七宝は初めて~ の生徒が多い。
一人一人に 短期間で指導する必要があるから、フルにエネルギーを使い果たす。
今日は 4時間だけの授業だったケド、8時間の日は ビタミン剤が必要だ~

018_lao_mostra

 写真: LE ARTI ORAFE ジュエリー学校 学期末の展示会風景

学校の授業カリキュラム~。
生徒のレベルや興味対象によって 毎回少しずつ内容を変えてるョ。
今回 40時間の短期コースにもかかわらず、10種類以上の七宝技法を伝授した~。
通常は もっと時間が必要な作業~。
でも、今回の生徒は 作業も早く ヤル気満々! 予想以上に グングン吸収してくれた。

授業中の七宝制作に使用するベース(土台)金属は、
時間削減のため 通常 既製品の丹銅板を使用してるョ。
でも、生徒の数人は、銀の素材でベースを制作。 そして 七宝を焼付けた。
自分だけのオリジナル作品の完成~!ネックレス、ピアス、ブレスレット。。などなど。
完成度の高い作品が仕上がり 講師の私も感激でしたョ~!

今日は、今年3月から連続した講座40時間の最終日。
充実した授業が終了して ホ~ッ と一息。 


学生の発想って 実に豊かで型破り! とっても興味深い!
私も 大いに刺激とインスピレーションを受けるョ。
この仕事を与えていただいたコトに 心から感謝!

Chinon が講師担当してるジュエリー学校 ホームページ下記です:

Le Arti Orafe  (レ・アルティ・オラフェ)
http://www.artiorafe.it

フィレンツェの代表的なジュエリー学校の一つです~
ぜひチェックしてみて下さいませー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)