行事 ~ イタリア

フィレンツェ・着物ショー 動画

2014年7月12日(土)

先月 出演させていただいた フィレンツェの 着物の文化ショー、
フォトジャーナリスト撮影の 動画 ご覧ください〜

ビデオ撮影編集 Massimo Pacifico

2分30秒〜の短い動画ですが、会場の雰囲気が伝わってくる〜と思います!
お楽しみください〜 happy01

( 6月7日 フィレンツェ の ピッティ宮殿  で開催されたイベント です。
主催:  NPO 日伊文化交流協会フィレンツェ・マニフィコ・クラブ
詳細は 前回の 当ブログを ご覧くださいませ〜   shine)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月の工房 平和な日々

2013年1月31日(木)

充実した1月も あっという間に終了。
納期が迫ってたので、31日と元旦 以外は制作に没頭してましたー。

イタリアの街は クリスマス前〜1月6日まで祭り気分で騒々しい。。
工房で制作してた時、道路に爆竹を投げる人が続出!で かなり迷惑!だった。
彫金でガスを使ってるから、その度に 爆音にビクッとして。。!
31日も工房に行こうかなーと思ってたケド、さすがにビビって取り止めた。

Epifania_duomo_1

写真:  1月6日のドゥオモ広場。「エピファニア Epifania」のパレード。

さて、今は 祭りのドンチャン騒ぎも終わり 冬のセールも終了、
年末年始の喧噪がウソのように静かな街。平和って良いわぁー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FIRENZE 写真、掲載いただきました

2012年4月06日(金)

先月 私の活動について記事掲載いただきましたWeb、
日経ウーマン・オンライン 萩野絵美さんのキャリアブログ」。

その後、私が撮影したフィレンツェの風景写真も掲載中~。
こちら (4月3日ブログ)文章の後半に 掲載いただいてます。

写真左上から2番目「旗投げパレード」 以外は、今春の写真です。
春の陽気なフィレンツェの様子、ぜひご覧下さいませ!

Pasqua_uova

さて、上の写真は 中心街のバールのショーウィンドー。
復活祭の卵型のチョコレートが 華やか!に展示されてます。

イースター・エッグの解説は 上記ブログにて絵美さんが執筆中~。
興味深いですヨ~ぜひ 御覧下さいネ。

さて、今週日曜は 復活祭イースター。
写真撮影した10日前に比べて、今は 観光客の数も増大。
ヴェッキオ橋は 人の波であふれてます!

BUONA PASQUA   (ハッピー・イースター ) !

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毎日が クリスマス !

2011年12月25日(日)

メリークリスマス、 BUON  NATALE (ボン・ナタ―レ) !

カトリック信者も一般人にとっても、クリスマスは やっぱり一大イベント。
最近 イタリアも、プレゼント購入が主で 宗教色は薄れてきてるケド。
でも、やっぱり クリスマスって 心が温かくなるイベント!

Natale_firenze_2011

写真: フィレンツェの象徴、Duomo 大聖堂。 今年も ツリーが登場!

クリスマスは 誰もが ハッピー&善人~になるよう努力する日!(?)
子供病院にプレゼントを届け、ホームレスのための食事会を開催したり、
感情の激しいイタリア人も なるべく怒らないように頑張る~日!
そして、隣人を愛し 家族とハッピーに楽しく過ごす~大切な日。

そういう意味で、このイベントって とっても良い~ですヨネ。
「毎日がクリスマス!」という気持ちで 日々を過ごしたいナ~heart01

さて、今年も 家族&親戚と一緒に楽しく過ごしましたョ 私。
普段あまり付き合いのない近所の人が 手作りのケーキを届けてくれたり、
うれしいサプライズも有って、心が ポカポカ温かくなったョ。
こうして楽しい時を 皆で共有できるコトに、心から感謝です!

BUON  NATALE

世界中の皆さんに 愛の輪が広がりますように~! shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

震災チャリティー Firenze Happy Bimbi

2011年5月30日(月)

先週土曜に開催された 震災チャリティーイベント Firenze Happy Bimbi
チャリティーバザー と コンサート が行われましたョ。
この収益金&募金は 被災児童の支援活動をする団体へ寄付される~とのコト。
支援先などイベント詳細は、企画者Albero4さんのブログ ご覧くださいネ。

チャリティーバザー、充実した内容でしたョ!
一般的なバザーの他にも、フィレンツェで活躍する作家の作品展示販売も開催。
友達も何人か出展していたので、楽しみに見に行ってきました。
いろんな分野の職人(=日本人作家)に出逢うコトができて楽しかったョ!

今回のイベント、私も作品出展&寄付したい~!と願ったのですが。。
前日まで制作にハマってて無理でした。
次の機会に ぜひ!チャリティー販売に協力したいと願っております。

チャリティー出展の代わりに、売上金に貢献しよう!と 会場に向かった私。
1つ1つ手作りなのに お買い得~な作品が多くて、次々と購入しちゃいました!

Happy_bimbi

今回のチャリティーコンサート。
フィレンツェで活躍する声楽科4人が ボランティア参加。 感謝!

さらに、Maggio Musicale Fiorentino のコンサートマスターが友情出演!
Yehezkel Yerushalmi氏のバイオリンの音色。 感動!深く 心に残りました。

イベント会場は、元・教会。 聖堂って、歌もバイオリンも 音が天に響くのヨネ!
作品展&コンサート。。教会でのイベント。。 参加者・来場者の想いは一つ。
被災した子供たち 一人でも多く笑顔を取り戻してもらいたい!という皆の願い。。
天を通じて イタリアから故郷NIPPONに届きますように! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリティーイベント 結果報告

2011年4月19日(火)

先週 フィレンツェで開催された 東日本大震災復興チャリティーイベント
先日のブログに宣伝を記載いたしましたイベント、その御報告いたします~。

おかげ様で、予想をはるかに越えた来場者の数で 会場が満員でした。
日本人はもちろん、イタリア人も山ほど来ていただき、大感激!
皆さまの善意に 心から感謝です!

チャリティー・イベントの御報告は、こちら公式サイト ご覧下さいませ。
企画者 Firenze in Tasca さんの イタリアン・ブログです。
イベント風景の写真、そして 動画(You Tube)も掲載されてますョ。

当日 私は、ボランティアで 受付・募金~の係をしてました。
募金をして下さった皆さんの温かい笑顔、今でも深く心に残っております!
ボランティア活動を通じて、ホントウに沢山の笑顔に出逢う事ができました。
皆さまに 心から感謝です! GRAZIE !

はるか遠い海を越えて、 民族の壁、 国境を越えて。。heart
1日も早く、被災者の皆様に この温かいエネルギーと善意が届きますように!
心から お祈りしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

震災チャリティー、フィレンツェ開催

2011年4月5日(火)

今週、フィレンツェで 震災復興チャリティーイベントが開催されます!
詳細 下記です:

Invito_beneficenza_giappone_5


東日本大震災復興チャリティーイベント 


日時: 2011年4月10日(日) 16:00~20:00 (受付19:00まで)

場所:
 
Hotel Kraft.  Via Solferino 2, Firenze パノラマテラス

入場・参加費: 無料


イベント内容:
日本人シェフ
ボランティアによる 日本食アペリティーヴォ
日本人歌手
ボランティアによる ミニコンサート


寄付について:
会場内に義援金箱を設置し、参加者に寄付を協力していただく。
義援金は、在イタリア日本国大使館を通し日本赤十字社に送付され、
被災者への支援、被災地の復興のために使われます。


イベント問い合わせ先:
Associazione Culturale Italo-Giapponese. Firenze in Tasca

遠く離れた日本を応援するために何かしたい!という皆さま、
イタリア人などの友達もお誘いの上、ぜひ 会場に足を運んで下さいませ。
日本の復興と被災者の方々のために 応援と援助を贈りましょう!

ちなみに、わたくしも 当日ボランティア・スタッフとして会場にいる予定です。
震災後、ネット・ニュースに心を悩ませ ひたすら祈る事しかできなかったケド、
このような形で日本を応援する機会ができたコトに喜びを感じてます!

心より 深く、 日本の復興を 祈る日々です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

願いを込めて フィレンツェの灯り

2010年12月17日(金)

フィレンツェの クリスマス・イルミネーション。
今年は、大聖堂ドゥオーモの前に ツリーが登場。
とっても絵になる光景~! 観光客も地元人も バチバチ写真撮ってるョ。

この広場は、ルネッサンス美術建築の宝庫。
歴史の舞台で光り輝く LED電球のイルミネーション・ツリー。。
現代と古代が交差する 美しい空間~。

 

Albero_natale_duomo

 

ちなみに、この写真は、4日前の ドゥオーモ広場。。
今日は 午後から 雪が積もってるフィレンツェ。。20センチ以上の雪!
雪 と ツリー と ドゥオーモ。。 きっと ロマンチックだろうな~!
(でも、きっと寒いヨネ!。。この2日間、郊外の我が家も 朝の気温 マイナス5度!)


Natale_centro_2010


写真: こちらは 光のカーテン。
かなり地味~な灯りだけど、フィレンツェの街の雰囲気に合ってるヨネ。

中心街のイルミネーション、
コルソ通り をはじめ 去年と同じ飾りつけ~も多く見られるけど。
でも、灯りを見ると やっぱり 毎年ワクワクするョ! 心もポカポカ温かくなる。

今、七宝焼きを使った灯り(照明)を作ってる最中~の私。
クリスマスの灯りのように、人々の心を温かくする作品を創ってゆきたい~です。shine

灯りに 願いを込めて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

儲かる! イタリアの銀行?

2010年4月2日(金)

この前のブログ続き~。
イタリア環境基金FAI 企画の Giornata FAI di Primavera
秘密(?)の文化財を 無料・ガイド付きで見学できる 特別な日。

ウフィツィ図書館」の美しさを満喫した次の日、
イタリア銀行 Palazzo della Banca d'Italia に乗り込んだョ。

3つの見学場所の中で フィレンツェ人の一番お目当ては、ここ。
イタリア銀行 フィレンツェ。 今回が、史上初公開!とのコト。

Fai_banca_it_

この日から サマータイムが始まったから 1時間早起き。
眠~い目で到着。 すでに長~い行列が! 日曜の早朝なのに。。

イタリア中央銀行の建物、中に入ってビックリ。 美しい~!
建築とインテリアが豪華~。

Fai_banca_it_1

吹き抜けの らせん階段のカーブが美しい!
写真で見えないケド、天井のステンドグラスも綺麗。
この建物は、1800年代の有名な建築家 Anotonio Cipolla の作品。

階段を昇りながら 豪華な部屋を次々に拝見~。
各部屋の天井画も美術館のようだネ。

Fai_banca_it_2

イタリア王国の時代から 国の中央銀行だった歴史あるBanca d'Italia
今は欧州中央銀行に指定され、
イタリア国内の銀行・金融業の監督 が主な役割~とのコト。

この美し~い建物の中で働いてる銀行員。
アンティーク家具、彫刻・美術品に囲まれて優雅に お仕事。
窓から見える街の風景も美しい。 ウヮ~ うらやましい!
 
Fai_banca_it_3

照明も 豪華。 ベネチアン・ガラスの シャンデリア。

しかし。。
この中央銀行は国立だから許してあげるケド、
一般的にイタリアの銀行って チョット儲かりすぎじゃないの~?!

イタリア都市の美しい建物は、ほとんど銀行に占領されてる。。
ローマを歩いてると、その建物の豪華さにビックリするョ。

日本は口座管理費を取らないケド、イタリアは没収されてしまう。
銀行に預金したら、管理費を毎月取られて 逆に預金が減ってしまう。。!?
利子も ほとんどゼロ~だし、いろんな手数料も高い。

この豪華な建物。。オイオイ。。
やっぱり。。私たちの資産って 銀行に吸い上げられてる。。!?!

豪華なイタリア中央銀行を見学した人々。。
こんな感想を持ったのは、きっと私だけじゃない!と思うョ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秘密の文化財~公開!

2010年3月31日(水)

先週の土日、イタリア全土で行われたイベント。
Giornata FAI di Primavera 」。

普段は秘密にしてる文化財を この日だけ一般公開!
ボランティアのガイド付き 無料で見学できる。

ローマでは 首相官邸 Palazzo Chigi  も公開された。
長~い行列の様子をテレビで放映してた。 オモシロそう~!

毎年開催されるイベント。 今年で18回目。
イタリア環境基金 FAI ( Fondo Ambiente Italiano )主催。

Fai_biblioteca_1

写真: ウフィツィ 図書館。

フィレンツェは 3つの場所が公開~。
イタリア銀行の建物  Palazzo della Banca d'Italia
ウフィツィ図書館    Biblioteca degli Uffizi
ヴィッラ ジョイエッロ  Villa II Gioiello 

私も 2か所 行って来たョ。 図書館 と 銀行。
初めに ウフィツィ美術館に併設されてる図書館へ。

Fai_biblioteca_2

ここは ふだんも一般公開してるケド、
ガイド付きの訪問は この日だけ~とのコト。

さすが、美術館の図書館! 美しい本が山ほど。
図書館の奥の小部屋には、ラテン語で書かれた古美術書も。
そして、入り口には 日本の美術書もイッパイあったョ。
ぜひ、今度は ゆっくり入館して 本を見たいナ!

次回ブログで、豪華!な イタリア銀行 の建物 ご報告します~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)