« マエストロ 岩井純さん・ 追記 | トップページ | ジュエリー展 「Preziosa 2011」 »

永遠の師 マエストロ BINO BINI

2011年11月1日(火)

先日 家族が遊びに来てたので、一緒にキャンティ地方をドライブ。
観光客のメッカの街 Greve in Chianti (グレーべ・イン・キャンティ)を訪れたョ。
その広場の近くにあるブロンズ像、Bino Bini 氏の作品に 久々に再会!

今から9年前 フィレンツェに来た当初、一年間 我が恩師だったマエストロBini
といっても、私は彫金の修行をしてたので、直々の師ではないのだケド。
それでも 日々、Bino Bini 師の手仕事を 真横で拝見する事ができ幸運でした!

Chianti_maestro_bini

写真: Bino Bini (ビーノ・ビー二)  作。 
      Greve in Chianti
にあるブロンズ像 Gallo Nero

マエストロBino Bini 氏は、フィレンツェを代表する金属工芸家。
打ち出し技法による作品 そして 彫刻(金属造形) など、
数多くの芸術作品を生み出してきた イタリア工芸界の偉大なマエストロ。
氏が亡くなってから、早いもので もうすぐ5年の月日が経つ。。

私が出逢った当時、氏は すでに 85歳すぎ。 記憶力などは かなり高齢化~!
(私も マエストロから、毎回 同じ質問を繰り返しされました。。!)
でも、制作をする時の手の動きや力強さは やはり 現役。 素晴らしかった。

Bini 氏の作品は、観る者に 温かいエネルギーを与えてくれる。
作品だけでなく、彼自身も とっても温かい人物でしたョ!

第二次世界大戦の兵役を経験し、生死の境を見たBini 氏。
彼の温かい作品と人物像、それは まさに 「生きる喜び」 の結晶なのかも。。
と 私は ふと 気づくのであります。

マエストロ BINI 、  心から 感謝を込めて  Grazie!

|

« マエストロ 岩井純さん・ 追記 | トップページ | ジュエリー展 「Preziosa 2011」 »

アトリエ 創作活動」カテゴリの記事

コメント

あっ!これビーノ・ビーニさんの作品なんだ!知らなかった。

ビーノ・ビーニさんって会った事はないけど、今活躍してる彫金家から名前は出るんだよね。お会いしたかったなと・・・。(遅いんだよ。)

この写真も良いですね。2年前にグレーヴェに行って写真は撮ったけど、微妙な角度で違った雰囲気になるものですね。chino-nさんが撮った写真の方が良いな。

投稿: 俊寛 | 2011年11月 2日 (水) 17時30分

マエストロ Bino Bini の切り絵!
ぜひ 俊寛さんに制作していただきたかったナ~!
マエストロ自身も 工房も、レトロ~な味があって とても温かい雰囲気でしたョshine

ホントウに、写真って 見る角度によって全く変化してオモシロイですヨネ! 

投稿: CHINON | 2011年11月 5日 (土) 03時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209809/42804036

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の師 マエストロ BINO BINI:

« マエストロ 岩井純さん・ 追記 | トップページ | ジュエリー展 「Preziosa 2011」 »