« イタリアの 柿 | トップページ | 日本フェスティバル~能(NOH)面 »

安い!国立美術学校

2009年12月2日(水)

先週末、美術学校を訪問したヨ。
留学生Sちゃんに付き添って行った先は、
L'Istituto Statale d'Arte di Firenze
フィレンツェ国立美術学校~。

知人が教授してるので、学校の案内をしてくれた~。
絵画・彫刻の他にも いろんな学科がある。
ファッション・舞台衣装、写真、グラフィック・広告、インテリア
そして 彫金・ジュエリー学科もあるヨ。

この学校は1869年に創立されたんだって。歴史あるネ~。
フィレンツェの私立のジュエリー学校って けっこう新しい。
ここ20年間のうちに設立した学校が多いんだヨネ。
昔はジュエリー習う学校は限られてた。 だから、
フィレンツェの宝飾界の オジサン マエストロは、ここ出身の人 ホントに多いんだヨ。

奇抜なファッション・デザイナーRoberto Cavalli も、この学校の出身。
彼の学生時代の作品、ぜひ見てみたいヨネ~!!

Istituto_d_arte

写真: 堂々たる学校のロビー。さすが国立ヨネ~。

この美術学校の最大の利点は、学費が安い~!
年間の学費が、美術・ジュエリー私立専門学校1ヶ月分よりも安い!
国立だから もう ただ同然なんだヨネ~。
イイね~!私も行きたかったナ~。

。。でも。。ほとんどの学生は 10代後半。。!
高校卒業後の2年コース、そして高校生のための5年コースも併設。
今さら イタリアの悪ガキ ティーン・エイジャーと毎日過ごすの。。
かなりシンドイ~だろうな。。?!
それさえクリアすれば ホントウに良い学校だと思うけどネ~。
なにしろイタリアの高校生&ティーン って、ホントウに生意気 元気~だからネ。。!
それでもOKの強い意思の皆さん、通学チャレンジしてみては?!
サイト下記です~:

Istituto Statale d'Arte di Firenze
 公式サイト こちら  だヨ。

|

« イタリアの 柿 | トップページ | 日本フェスティバル~能(NOH)面 »

ジュエリー学校 七宝」カテゴリの記事

コメント

去年の4月、Pitti宮殿までジョギングした時にこの学校まで足を伸ばしてロビーの写真を撮っていたので、見てすぐにBovoli公園の南にある建物だとわかりました。でもその時は人気のない、廃屋のような雰囲気でしたよ。

12月23日のマラソンに向けて練習は順調に進んでいます。

投稿: 信雄 | 2009年12月 4日 (金) 19時59分

信雄さん、私も数年前に訪問した時は 古びた印象を受けました~。
でも先週行った時は 正面ロビーも輝いて見えた。
以前よりグレード・アップしてる気がしましたョ!
学校内に彫刻(石膏)美術館も併設。
イベントや文化会議も開催されてる。頑張ってるみたいョ!

校舎は 1800年代の建物なんだって。
学校の階段とかは やっぱりチョット廃屋の雰囲気が!(?)
階段の壁には落書きが イッパイあったよ。。
校内の落書きを許しちゃう学校。。??
さすがイタリア~だヨネ~。。!!coldsweats01

投稿: CHINON | 2009年12月 5日 (土) 06時12分

立派な美術学校ですね~

なのに 授業料が安いなんて・・・

だからイタリアでは 美術が花開くんでしょうね~

私の友人、30代の時 10代の若いヒト達に交じって専門学校で日本画を学んでいました。

若い仲間ができると 気持ちまで若くキープできそうで羨ましいです ^^
イタリアの若者は 日本の若者より大人っぽくて
お洒落~なイメージですよね~ ^^

投稿: mimosa | 2009年12月 7日 (月) 00時14分

mimosaさん、先日展覧会した お友達のコトですネ。 すごい!
小学校の子供の子育てしながら美術学校に通い、わが道を進んできた お友達。
家庭を持ち 子育てしながら自分の道を切り開く。。
自分の時間を見つけるのってタイヘンなことヨネ~!

彼女のエネルギーを ぜひ私も見習いたいです!happy01

投稿: CHINON | 2009年12月 7日 (月) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209809/32467367

この記事へのトラックバック一覧です: 安い!国立美術学校:

« イタリアの 柿 | トップページ | 日本フェスティバル~能(NOH)面 »