« 真夏の夜の夢 ~花火! | トップページ | ノッテ・ビアンカ ~白夜の祭り »

丘を吹く風~ 音楽と演劇

2009年6月25日(金)

昨日は、サンジョバンニの祝日。
演劇を見に行った。
旦那様がエキストラ(端役)出演した あの演劇だ~!

第一回目の公演は、6月8日 フィレンツェで開催された。
会場は サンタ・クローチェ教会 修道院

第二回は、昨日 6月24日。 
フィレンツェ郊外の丘の街 フィエーゾレ で開催。
フィレンツェの展望台として 地元の人と観光客に大人気の街。

会場は、サン・フランチェスコ修道院(Convento di San Francesco)。
ここは フィエーゾレの丘の頂上に位置する。
修道院前の広場からは フィレンツェのパノラマを堪能できる。
丘の上を吹く風が ここち良く、心なごむ憩いの場所だ。

Fiesole_sfrancesco_spettacolo

演劇のシナリオは前回と全く同じ。
でも、今回の会場は、修道院の 回廊式の中庭。
中庭の井戸も 建物のアーチ型の柱も、舞台背景にぴったりハマっていた!

ほのかなキャンドルの灯かり。
丘の風が吹き、衣裳が静かに揺れ動く。
風のささやき と共に、サン・フランチェスコの祈り を感じるコトができた。

Fiesole_sfrancesco_danza

演劇というモノは 実に興味深い。
全く同じシナリオでも 演出や背景によって全く別のモノになる。

音楽、言葉、舞台セット、動き、ダンス、光。。
演劇とは 全てが融合した総合芸術だ~!

屋外の舞台の場合は、さらに 様々な自然の演出が加わる。
風、太陽の光、空と雲の色。。などなど。
状況によって 伝わってくる表現も 刻々と変化するのだ。

Chinon 静寂な音楽・演劇の世界にドップリつかったヨ~。
感謝です!

この演劇の情報、下記です:

上演タイトル
San Francesco tra Cielo e Terra

演出:  Francesco Tarsi   
脚本:  Monica Cioci
作曲
:  David  Jackson

前回の上演と 演劇内容の詳細は、
「フェレンツェで心のダイヤモンド磨き」 6月9日ブログ こちら 
ご覧下さい~

|

« 真夏の夜の夢 ~花火! | トップページ | ノッテ・ビアンカ ~白夜の祭り »

音楽 ・ 本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209809/30320892

この記事へのトラックバック一覧です: 丘を吹く風~ 音楽と演劇:

« 真夏の夜の夢 ~花火! | トップページ | ノッテ・ビアンカ ~白夜の祭り »