« パリ と フィレンツェ ~その2: 庭園  | トップページ | 観光の街 フィレンツェ頑張れ~! »

フィレンツェで一番の嫌われ者は?!

2009年5月31日(日)

質問: フィレンツェに住んでる人が 一番嫌っているモノは 何でしょう。。?
答えは。。。 (か) !
フィレンツェは ホントウに 蚊が多い!
夏はもちろん 春秋でも 蚊が飛んでるから許せない~!
蚊取り線香の効果も無いほど フィレンツェの蚊は強力。
。。まるで フィレンツェ人のように気が強い!
 
ここ数日、蚊に睡眠を邪魔されて眠れないョ~!

033_campagna

 写真: トスカーナ地方の民家。     撮影: Gio Mariani

毎年この季節になると、蚊の撃退方法が フィレンツェ生活雑誌に掲載される。
コウモリは 蚊など害虫を食べる貴重な存在!
薬品を使用しない自然な撃退方法。  トスカーナの民家に必須の助っ人。
でも、自然環境破壊・汚染の問題で コウモリは激減している 」。。とのコト。

トスカーナ田園地帯にある我が家の屋根も コウモリの寝泊り場所になってる。
小さいコウモリが1~2匹いるらしい。
吸血じゃないから 不気味ではないケド、フンを散らかすから出て行ってほしい~
と思ってた。。でも、蚊を減らしてくれるのならば 大歓迎だョ~!!

今日は雨だったから 窓は閉めてたし、午後から 蚊取り線香も点灯し続けてる。
。。準備万端。。 今日こそ!蚊に妨害させられずに眠るぞ~!! 




 

|

« パリ と フィレンツェ ~その2: 庭園  | トップページ | 観光の街 フィレンツェ頑張れ~! »

暮らしの日記」カテゴリの記事

コメント

日本の50年前には寝室に蚊帳(かや)を吊るして蚊に刺されないようにしていましたが、それもよいかもね!

投稿: aguri | 2009年6月 1日 (月) 12時09分

aguriさん、先日 読んだ雑誌に 下記の記事掲載されてたョ~
「日本の某大企業は、アフリカの国に自社開発の蚊帳(かや)を提供している。
特殊な殺虫剤が織り込んである蚊帳。 進入を防ぐだけでなく 蚊を激減させる効果も!
マラリア撃退に大いに役立っている。 国際親善に大貢献!のボランティア好意~」
~とのコト。 素晴らしい!!!

投稿: CHINON | 2009年6月 2日 (火) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209809/29889790

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェで一番の嫌われ者は?!:

« パリ と フィレンツェ ~その2: 庭園  | トップページ | 観光の街 フィレンツェ頑張れ~! »