« ローマの休日 カプチン修道会士のメッセージ | トップページ | イタリア・現代ジュエリー展 ~「美の基準」とは? »

七宝焼き講師  フィレンツェ・ジュエリー学校の仕事とは?

2009年4月20日(月)

充実した復活祭の休暇も終了~今日から仕事に復帰。
イタリアで 七宝焼き の先生をしている私~。 
場所は、フィレンツェのジュエリー学校 「 レ・アルティ・オラフェ 」。

この学校で講座を担当してから 今年で6年目。。時が経つのは早いネ!

講座は年に数回開催。 1回につき 30~40時間のグループ・レッスン。
もちろん個人レッスンも開催。 期間1日から受講可能だ。 

1クラスの生徒の人数は、10~15人くらい。
彫金の技術は有るけど 七宝は初めて~ の生徒が多い。
一人一人に 短期間で指導する必要があるから、フルにエネルギーを使い果たす。
今日は 4時間だけの授業だったケド、8時間の日は ビタミン剤が必要だ~

018_lao_mostra

 写真: LE ARTI ORAFE ジュエリー学校 学期末の展示会風景

学校の授業カリキュラム~。
生徒のレベルや興味対象によって 毎回少しずつ内容を変えてるョ。
今回 40時間の短期コースにもかかわらず、10種類以上の七宝技法を伝授した~。
通常は もっと時間が必要な作業~。
でも、今回の生徒は 作業も早く ヤル気満々! 予想以上に グングン吸収してくれた。

授業中の七宝制作に使用するベース(土台)金属は、
時間削減のため 通常 既製品の丹銅板を使用してるョ。
でも、生徒の数人は、銀の素材でベースを制作。 そして 七宝を焼付けた。
自分だけのオリジナル作品の完成~!ネックレス、ピアス、ブレスレット。。などなど。
完成度の高い作品が仕上がり 講師の私も感激でしたョ~!

今日は、今年3月から連続した講座40時間の最終日。
充実した授業が終了して ホ~ッ と一息。 


学生の発想って 実に豊かで型破り! とっても興味深い!
私も 大いに刺激とインスピレーションを受けるョ。
この仕事を与えていただいたコトに 心から感謝!

Chinon が講師担当してるジュエリー学校 ホームページ下記です:

Le Arti Orafe  (レ・アルティ・オラフェ)
http://www.artiorafe.it

フィレンツェの代表的なジュエリー学校の一つです~
ぜひチェックしてみて下さいませー!

|

« ローマの休日 カプチン修道会士のメッセージ | トップページ | イタリア・現代ジュエリー展 ~「美の基準」とは? »

アトリエ 創作活動」カテゴリの記事

ジュエリー学校 七宝」カテゴリの記事

コメント

今、フィレンツェにジュエリー留学を検討しているのですが、LE ARTI ORAFEがお勧めでしょうか?費用も抑えたいし語学も出来ない身なのですが…

投稿: 中野 | 2011年7月11日 (月) 10時43分

中野さま、お返事 お待たせいたしました!
Le Arti Orafeは 自分が講師をしてる学校なので もちろん お勧めですが、
フィレンツェの 他のジュエリー学校の情報(公式サイト)も 下記ご参考にどうぞ:
PERSEO 
http://www.perseoschool.it/

METALLO NOBILE
http://www.metallo-nobile.com/

ALCHIMIA
http://www.alchimia.it/

以上、Le Arti Orafe を含めて いずれも フィレンツェの代表的なジュエリー学校です。

各学校によって 力を入れてるジュエリー分野が微妙に違う場合が多いので、
中野さんの特に習いたい技術や目的によって 学校選びをすると良いかと思いますョ。

実技の授業の場合、語学の件は それほど心配無い と予想されます。
(もちろん話せればベストですが。)
特に ジュエリー分野の経験が有る場合、先生の言っているコトは想像できるハズ。
ちなみに、未経験の生徒も クラスメ―トの助けで何とか問題なく受講してますョ!

留学、実現が楽しみですネ!応援しております。

投稿: CHINON | 2011年7月15日 (金) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209809/29626852

この記事へのトラックバック一覧です: 七宝焼き講師  フィレンツェ・ジュエリー学校の仕事とは?:

« ローマの休日 カプチン修道会士のメッセージ | トップページ | イタリア・現代ジュエリー展 ~「美の基準」とは? »