« 七宝焼き講師  フィレンツェ・ジュエリー学校の仕事とは? | トップページ | 国際工芸見本市~フィレンツェ開催中~ »

イタリア・現代ジュエリー展 ~「美の基準」とは?

2009年4月24日(金)

コンテンポラリー・ジュエリーの展示会。
フィレンツェ近郊の街 ルッカで開催されてるョ。

LUCCA PREZIOSA (ルッカ・プレツィオーザ)展。
パワフルな現代ジュエリー作家を紹介する 注目のイベント。今年で 4年目。

CHINONが七宝講師してるジュエリー学校が この展示会の主催者~。
昨日のオープニング・パーティー欠席した私、今日は講演会に参加したョ。

朝 フィレンツェ駅に集合。学校の生徒達と一緒に ワイワイ楽しく電車に乗る。
各駅停車で1時間30分後、ようやくルッカ駅に到着。
バールに駆け込み、コーヒー飲んで 何とか目を覚まして会場に向かった。

展示会場は、ルッカ市の由緒あるヴィッラ (邸宅 & 庭園)。
講演会も 同会場。 生徒以外の業界人も 会場に押し寄せていた~。

今回の展示会のテーマは、「Keyword of Beauty」 キーワード・オブ・ビューティー。 
つまり、 「美とは何なのヨ~?!」  が主題だ。

12人の現代ジュエリー作家の作品が展示されてる会場。
60年代から現在までのコンテンポラリー・ジュエリ-作品たち。
この作品を通じて、「ジュエリーと美の概念」の歴史・変化 を紹介中~。

019_lucca_preziosa_1

 写真: LUCCA PREZIOSA 講演会場。 館内の壁画が美しい。

コンテンポラリー・ジュエリー」って 何なのヨ~?
プロのジュエリー職人も持ってる疑問&質問だヨネ。。
講演会を聞きながら、私も その定義を解読してみたョ。

「現代(コンテンポラリー)ジュエリーとは、
身に着ける人の個性を引き出し 唯一オリジナルの表現をするモノ。
その作品は、明確なコンセプト(趣旨)を持ち 見る人にメッセージを与える。
商業目的のジュエリーの 「高価な素材、凝りすぎ、派手なデザイン」 とは異なり、
素材の既製に縛られるコトなく 「自由な発想クリエイティブな表現」 に満ちている」
。。とのコト。

なるほど。。でも。。最近 各地のコンテンポラリー展覧会を訪れると、
「現代ジュエリーっていうよりも 本人の単なる勘違いでしょ~??」 
。。って叫びたくなる奇妙な作品に出会うコトも多いヨネ(笑)!
確かに奇抜で目を引くケド。。哲学も美も感じられない不可解なモノ~(???)
この傾向は、現代アート界にも共通の問題だヨネ。。
あくまでも、Chinon の個人的な意見だケド。。

さて、今日の講演会。
キューレーターと 出展者本人の解説 を聞きながら、作品スライド鑑賞が進行~。
今回のテーマ 「美しい現代ジュエリーとは何か?」。。
講演会の内容から 出展作家12人の答えを 私も解読してみたョ。

「 美のキー・ワード(基準)とは、 
バランス、構成の美しさ (ハーモニー、プロポーション)、
フォルム(形状)・シンプルで無駄のない形、
質感・素材の美しさ、 そして コントラスト(対比)の美。 」 ~とのコト。

コントラストについては、美のキー・ワードとして多くの作家が取り上げてた。
「 光と影=明暗とグラデーション、 色彩の対比、 現代と古代、 空間と固体、
完全と不完全、 規則性とカオス(混沌)、 構造の対比、 建築モティーフと自然、
ムーブメント(動と静)、 身体と心、 自意識と無意識 」 。。などなど。

厳しい冬があるからこそ春の季節が美しい!
人生も同様、辛い経験があってこそ 大きな喜びがある。
対比コントラストは、全てに共通する重要なキー・ワード!だよね。

020_lucca_preziosa_2

 写真: 展示会場の一部。 
   歴史ある古い建物と 現代ジュエリーの対比 も興味深い

今回の展示会、日本ジュエリー工芸界の王さま 平松保城
YASUKI HIRAMATSU) も出展中~。
シンプル で ハーモニー あふれる作品。 フォルム・金属の質感表現 が美しい。
イタリアのみならず世界各国から定評がある HIRAMATSU 氏。

日本在住時、平松氏の東京展覧会に 何回か通いつめたCHINON~。
ぜひ イタリアで講演をお聞きしたかったのですが、ご本人は欠席。。残念!
作品拝見いたしました。 ゴールド(金)の質感表現の追及、 美しいです。


LUCCA PREZIOSA  出展作家&作品の紹介と写真は、
こちら
 展示会の公式サイトに掲載されてます~。


LUCCA PREZIOSA 2009

開催期間: 2009年4月23日~5月17日
開催場所: Villa Bottini , LUCCA

|

« 七宝焼き講師  フィレンツェ・ジュエリー学校の仕事とは? | トップページ | 国際工芸見本市~フィレンツェ開催中~ »

ジュエリー展・ イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209809/29681669

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア・現代ジュエリー展 ~「美の基準」とは?:

« 七宝焼き講師  フィレンツェ・ジュエリー学校の仕事とは? | トップページ | 国際工芸見本市~フィレンツェ開催中~ »