トップページ | イースター(復活祭)の街角  »

はじめましてCHINONです~フィレンツェからの手紙(BLOG)

2009年4月10日(金)

はじめまして、七宝ジュエリー作家CHINONです。 

今日から  BLOG 初挑戦!

イタリア・フィレンツェの大地から 日々の発見・つぶやき  お届けします。

アートジュエリーイベント情報満載の楽しいブログを
創っていきたい~と願ってます。


001_michelangelo_prima


 写真: ミケランジェロ広場から眺めるフィレンツェ 美しい~!

イタリアのアート工芸&ジュエリー界で働くことを夢見て
ドキドキしながらフィレンツェの地に足を踏み入れてから、
早いもので7年も過ぎてしまった~

心なごむトスカーナ田園風景と フィレンツェの歴史あふれる芸術は、
この地を訪れる人々を魅了し離してくれません~!

7年という節目(?)のため、最近 書きたいコトが泉のごとく湧き出てきて
頭がパンクしそうなので BLOGをスタートしました~。

ブログ初心者の若葉マークを付けながら前進して参ります。
応援ヨロシクお願い申し上げます。

002_cipressi


  トスカーナ田園風景。   写真撮影: Gio Mariani

春、新たな出発です!

心より感謝を込めて

|

トップページ | イースター(復活祭)の街角  »

暮らしの日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、なおこです。ブログ読ませていただきました。
わたしもフィレンツェの美しい街や伝統アートに魅了されフィレンツェにやってきました。
今はイタリア人の彼と旧市街の近くに住んでいます。でも観光ビザなので3ヶ月しか居られません。
でもゆくゆくは彼と結婚を考えているので、イタリアで働きたくて今イタリア語を猛勉強中です。
chinonさんは最初どうやってお仕事を見つけられたのですか?
もしよろしければ教えてください、お願いします。

投稿: naoko | 2011年6月 6日 (月) 16時32分

Naokoさん、コメントありがとうございます!
ただ今 バカンス(海)のため、6月16日以降お返事させていただきますネ。
(携帯電話なので、長文が打てません-)
Grazie-.

投稿: CHINON | 2011年6月 6日 (月) 17時42分

Naokoさん、仕事探しの件 ご回答お待たせいたしました!

七宝講師の仕事は、知人の知人(=ジュエリー学校の講師)が 私の作品集&活動に興味を持ってくれたのがキッカケでした。 (その後に知ったのですが 彼女は なんと 校長の娘だったので、さらに 話がスムーズに進みました!)
イタリアで仕事する場合、「知り合いの紹介」~という「コネ」が とっても有効です!
実力は もちろん必要ですが、ネットワークが有るか無いかでは 大きな差がでます。

Naokoさんの御希望の仕事分野にもよると思いますが、とにかく いろいろなアンテナを張り巡らして可能性を探し 面接に行ってみるコトは必要ですヨネ!
そして、縁(えん)を大切に~育ててゆくコトが良い結果をもたらすと思います!

求人が無い場合、履歴書 持参で 飛び込みで会社を廻る~という手も。。
私も実行しました! (アポを事前に取れれば最良ですが、知り合いの紹介でなければ メールなど無視される可能性も多いので!)

ただし、一般的には 労働VISAの保持者~という条件の求人が多い現状です。。
しかも、そのVISA取得も かなり難しくなってる状況なのでタイヘンかと。。!

労働VISAが有れば、地元の就労派遣会社に登録しておくのも良いと思いますョ。
ちなみに、「Centri per L'impiego」という登録事務所は、私がフィレンツェ移住した当時 多くの日本人が利用してましたョ。当時(8年前!)は登録無料でした(現在は??)。 
公式サイト http://www.provincia.fi.it/lavoro/centri-per-limpiego/
ちなみに、フィレンツェは観光の街なので 店舗販売の求人が多い様子ですが。。

すっごく長文になってしまいました!が、
Naokoさんの御活躍&ご多幸、心より応援しております!

投稿: CHINON | 2011年6月20日 (月) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209809/29344956

この記事へのトラックバック一覧です: はじめましてCHINONです~フィレンツェからの手紙(BLOG):

トップページ | イースター(復活祭)の街角  »